新潟漆器

mitate竹塗箸/若竹(みどり)

<新潟漆器とは>
「変塗(かわりぬり)の宝庫」と呼ばれ、
数多くの漆塗り技法が受け継がれている新潟漆器。

新潟漆器のはじまりは約400年前の江戸初期にさかのぼります。
座卓やお膳、お盆といった日用品を中心に、
江戸時代末期には江戸、大阪、さらには北海道にまで販路をひろめ
日本で有数の漆器産地となりました。

湊町新潟には さまざまな漆工芸がたどり着き、
職人たちの確かな技とその遊び心により
新潟漆器として独自の進化を遂げてきました。

平成15年、新潟漆器は国の伝統的工芸品の指定
(花塗、石目塗、綿塗、磯草塗、竹塗の5技法)を受け、
今もなお、新しい試みを探求し続けています。


明治期に伝わり、
現在も新潟漆器を代表する塗技法の一つが「竹塗」です。

下地の際に錆で形をつくり、
竹の節や筋、ゴマや煤けた様子を漆で表現する
国内で唯一の「見立て」技法です。
現代でも職人の技を光らせ
新潟で育まれた暮らしの中の美、
日本特有の美しいデザインとして受け継がれています。

若竹をイメージした竹塗箸。
食事の際に目を楽しませながら
新潟漆器の商品を感じてください。

※1点1点、職人の手仕事で制作しております。
そのため、商品ごとに風合いの違いがございますが
あらかじめご了承ください。


【サイズ】240mm
【表面塗装の種類】うるし塗装
【素地の種類】天然木

6,050
数量:
  • ・価格は税込表記です。
  • ・ご注文が確定してから通常7日以内に発送いたします。
  • ・土日、祝祭日は受付をいたしかねます。
    該当日にご注文いただいた際は、翌営業日(平日)の受付対応となります。
  • ・本商品は返品対応はいたしかねます。